STAFF INTERVIEW / スタッフインタビュー

実際にホテルプラザオーサカで働くスタッフの紹介とメッセージです。

西村 章吾 / SHOGO NISHIMURA

会社説明会で採用担当者に一目ぼれのように釘づけになりました。

私は、法人営業としてプラザオーサカをもっとご利用していただくために、ご宴会、ご宿泊、レストランなどあらゆるサービスや施設をご紹介しています。2017年6月から本格的に営業を開始したばかりですが、1週間のほぼ毎日朝から夕方まで営業に出ています。ご宴会の事前打ち合わせだけではなく、それを各部署にブリーフィングするのも私の仕事です。
担当した宴会やレストランのご利用で、「西村にお願いしてよかった!」というお褒めの言葉や、お客様の幸せな笑顔を見る事です。言葉にできないほどのやりがいを感じ、もっと多くの方の役に立ちたいと、自分を奮い立たしています。

入社のきっかけは、会社説明会でした。
「ホテル業界に大きな変化をもたらしたい。プラザオーサカの魅力をもっと多くの人に伝えたい。」と会社説明会での言葉に強く心惹かれました。
私が就職活動に出会った数々の企業や担当者の中で、まるで恋に落ちたのかのように惹かれる‘一目惚れ‘した方でした。実は、就職活動では繊維商社しか関心がなく、ホテル業界には無関心でした。
しかし、唯一違う検討をしたホテル業界でその方に出会い、そして惹かれ、「共にプラザオーサカに変化をもたらす一員として携わりたい」この気持ちが入社を決めたきっかけになりました。その方とは現在の取締役で、入社後は厳しくもあたたかい指導のもと日々仕事をしています。

今後の個人的な目標は、売上目標を設定しそれをたたきだすこと。売上マーケットは無限にあるのでこれはノルマの目標です。ホテルとしては、プラザオーサカでしか体験できない「話題」をうみだすこと。 そして、プラザオーサカは今年で創業31年目!40年目にどんなホテルになっているのか私たちの手で作り出せると考えるとワクワクします。

プラザオーサカ営業部=変化を恐れず何事にもチャレンジし続ける集団。新人でも裁量の大きな仕事を任せていただけるチャンスがある。というイメージです。若手から積極的にチャレンジしたい方、常識を覆すようなアイデアで世の中に変化を起こしたいアツイ方は、ぜひ私たちと共に作り出しましょう!

三上 歩 / AYUMI MIKAMI

お客様に私のファンになっていただけるような接客をしたい

私は、バイキングレストランで朝食や、ランチの担当を任されています。
お席までの案内、会場の説明をしてお客様に食事を楽しんでいただいています。ブッフェスタイルですので、基本的にはお客様がお好みのものを好きなだけ取っていただくという形です。料理の補充やお済みのお皿を下げたり、お客様からの質問に答えたりすることが主な業務です。

日々、どうしたらお客様に喜んでもらえるかという事を考えている中、「ありがとう、また来るね。」や「楽しい時間が過ごせた」などお客様からの喜びのメッセージをいただけるとやりがいを感じます。よく来てくださるお客様の中には、スタッフの事をよく見ていてくださる方もいて、「頑張ってるね」「あなたの笑顔はいい」などあたたかいお言葉を頂戴し、もっと頑張ろうと思います。

もともと、私はホテルでアルバイトをしていました。
接客業のアルバイトをして自分は本当に接客が好きなんだと思いました。接客業の中でも、宿泊施設や宴会場などもあり、たくさんのお客様が来店するホテルは私自身も成長できるのではと思い、応募いたしました。

今後の目標は、私のファンを増やすということです。
ホテルを好きになってもらう、レストランを好きになってもらうということは当然のことですが、その前に私自身の事も好きになってもらいたい、そう思っていただけるような接客をするというのが今後の目標です。ホテル全体としては、いつでも気軽に立ち寄れる場所にしたいです。ホテルというと、少し敷居の高いイメージがありますが、「ちょっとお茶をしたい」や「ちょっと休憩」などで気軽に行けるホテルとしてもご利用していただければと思っています。

現在は若いスタッフも増えてきているので、コミュニケーションはとても取りやすいです。
また、ホテルプラザオーサカは、自分の意見も述べやすい環境です。一緒によりよいホテルづくりをしていきましょう!

吉岡 初姫 / HATSUKI YOSHIOKA

一番最初にお客様とお会いし、一番最後にお客様をお見送りするフロントだからこそのやりがい

私は、宿泊業務(チェックイン、チェックアウト、電話応対等)を担当しております。
フロントという部署は一番最初にお客様と接し、一番最後にお客様をお見送りするという部署です。ホテルの第一印象と最後の印象にもなるからこそ、大変重要だと思っています。ひとりでも多くのお客様に喜んでいただき『また来たいな』と思ってくださることにやりがいを感じます。人見知りをする私も、接客という仕事を通じ、人見知りも減りコミュニケーションがとれるようになった気がします。

以前勤めていた会社で、人間関係などいろいろと悩み転職を決意し、プラザオーサカに入社してからはすごく楽しく、充実しています。今後も少しでも多くのお客様にホテルプラザオーサカを利用していただく為にも、もっと自分自身をスキルアップし満足していただけるよう頑張っていきたいです。

ホテルプラザオーサカは、お客様のニーズにあったおもてなしを従業員一同日々努力しております。入社してからも先輩や上司から丁寧にわかりやすく、時には厳しく指導していただけるので自分自身のスキルアップにも繋がると思います。

近藤 将史 / MASASHI KONNDOU

自分の作った料理で、お客様を幸せな気持ちにできる

私は主に、1階にあるバイキングレストラン「クリスタル」でお客様に提供する料理や、カフェレストランでのライトミール、その他宴会場でのパーティ時にお客様に提供するホット料理の盛り付けを担当しています。
私の父が料理人で尊敬していたので、いつか自分も料理人になりたいと思っていました。

毎日、バイキングレストランや宴会・パーティなど多くのお客様に提供するお料理の仕込みや盛り付けなど、繁忙期にはかなり忙しくなりますが、提供したお料理をお客様に「美味しかったよ。」という言葉をいただくと、疲れも吹き飛んで明日からも頑張ろう!という気持ちになります。
私の作った料理で、お客様を喜び・幸せな気持ちにできるのがこの仕事の魅力、やりがいだと思います。

現在、国内のお客様や海外から来られるお客様など、毎日さまざまなお客様が多数来館されます。お客様のニーズにこたえながら、一人でも多くの方々に喜んでいただける料理を作り提供していきたいと思います。

ときには厳しいですが、楽しくしっかり指導してくれる先輩たちばかりなのですぐに職場になじめると思います。一緒に頑張りましょう!!

プラザオーサカについて / 求める人財