キービジュアル

スタッフインタビュー INTERVIEW

近藤 将史

自分の作った料理で、お客様を幸せな気持ちにできる

調理部

近藤 将史

インタビュー

なぜプラザオーサカに就職しようと思ったのですか?
私は主に、1階にあるバイキングレストラン「クリスタル」でお客様に提供する料理や、カフェレストランでのライトミール、その他宴会場でのパーティ時にお客様に提供するホット料理の盛り付けを担当しています。
私の父が料理人で尊敬していたので、いつか自分も料理人になりたいと思っていました。
この仕事のやりがいはどのような時に感じますか。
毎日、バイキングレストランや宴会・パーティなど多くのお客様に提供するお料理の仕込みや盛り付けなど、繁忙期にはかなり忙しくなりますが、提供したお料理をお客様に「美味しかったよ。」という言葉をいただくと、疲れも吹き飛んで明日からも頑張ろう!という気持ちになります。
私の作った料理で、お客様を喜び・幸せな気持ちにできるのがこの仕事の魅力、やりがいだと思います。
今後の目標を教えてください。
現在、国内のお客様や海外から来られるお客様など、毎日さまざまなお客様が多数来館されます。
お客様のニーズにこたえながら、一人でも多くの方々に喜んでいただける料理を作り提供していきたいと思います。
応募を考えている方へメッセージをお願いします。
ときには厳しいですが、楽しくしっかり指導してくれる先輩たちばかりなのですぐに職場になじめると思います。一緒に頑張りましょう!!

スタッフインタビュー 一覧に戻る